墓じまいって何?

墓じまいを考えるタイミング

先祖代々受け継いできたお墓。でもこの先自分では管理できない、またはこのお墓の管理を子供たちに任せるのは申し訳ない、そんなことを考え出したら、墓じまいのことを調べてみましょう。
墓じまいとは、その名の通りお墓を仕舞う作業です。お墓を掘り起し、墓石を撤去し遺骨を供養します。また、お墓を置いていた寺院などに離檀料を支払う場合もあります。
時々この離檀料を巡って、寺院側とトラブルになるケースがあるようです。と言うのも、この離檀料は「何万円」という明確なラインがなく、所謂「お布施」みたいなものだからです。困ってしまったときは自分達で解決しようとせず、行政書士などに相談したほうがよさそうですね。
墓じまいは、もちろん勝手に自分達で行ってはいけません。お墓を掘り起こすというのは人手も機械も必要ですし、それを行う許可も必要なのです。
時間や費用等も含めすべての準備を整えてから、いよいよ墓じまいです。

墓じまいのメリットはあるの?

考えれば考えるほど墓じまいというのは億劫になってきてしまいます。そうまでしてお墓を仕舞うことに、メリットはあるのでしょうか。
定期的にお墓の掃除などをしなくて済む、ということを考えた方はいませんか?
墓じまいをしようと思い立つきっかけの多くが「墓地が遠くあまりお墓参りにいけない」という理由からだそうです。特に地方から都会へ出てきた方には顕著な悩みではないでしょうか。
墓じまいをすることで、お墓の手入れの手間が省けることは勿論、「最近お墓を掃除していないな」という精神的な負担も改善できます。幼いころにお世話になっていた曾祖父母などへの供養にもなるのです。
また、永代使用料もなくなり金銭面でも負担がなくなりますね。
墓じまいは取り組みが面倒で大変な一方で、それをするメリットも十分にあります。
今あるお墓をどうするか、ご家族で今一度話し合ってみてください。