手続きは?費用は?知っておきたい墓じまいのあれこれ

墓じまいに必要な手続き

お墓を片付けて敷地を返還する墓じまいには、いろいろと手続きが必要になりますが、継承者がいない場合やお墓が遠くてあまり行けないなどといった場合でも放置してしまうと無縁墓になってしまうので、手続きをしてお骨を別の場所に移しましょう。 墓じまいをするにはまず、お骨の移転先を決めたのち寺院や霊園の管理者に墓じまいをする旨を伝えておきます。それから永代供養墓や納骨堂などへ改葬するなら、まず今のお墓がある地域の役場で取得できる「改葬許可申請書」と、移転元となる今の墓地や霊園の管理者から取得する「埋葬証明書」、また移転先の永代供養墓や納骨堂などから「受入証明書」をもらいましょう。書類を揃えたら移転元のお墓がある役場に提出します。このほか石材店・僧侶に依頼しお墓の撤去や閉眼供養をしてもらう手続きが必要です。

墓じまいにかかる費用

地域の役場で取得できる「改葬許可申請書」は無料ですが、移転元・先から取得する「埋葬証明書」や「受入証明書」にはそれぞれ費用がかかることがあります。それ以外にも墓石を撤去し更地に戻す必要のある墓じまいには様々な費用もかかるので、あらかじめ確認しておくのがおすすめです。 一般的に寺院にあるお墓の墓じまいの場合は一回の法事と同程度の額を離檀料として渡します。また墓石は石材店に依頼し撤去してもらうことになりますが、お墓の大きさや周辺の状況によって金額は変わるため、墓地・霊園で提携している石材店や他の業者などで見積もりをとって決めるとよいでしょう。それから墓石の撤去時にお骨を取り出すとき僧侶には閉眼供養をしてもらうためのお布施を渡す必要があり、墓じまい後のお骨の供養方法によってはそれぞれ改葬などの費用も発生します。